ザクロバッカ

© 2018 ZAQRO-BACCA Co., Ltd

blogECコンサルタントはどう選ぶ?メリットとデメリット、費用相場も解説

ECコンサルタントはどう選ぶ?メリットとデメリット、費用相場も解説

ECサイトにはAmazonや楽天市場といった大手だけでなく、なかには企業やメーカーが独自で運営しているものも存在します。
実店舗での集客や販売促進とは異なり、ECサイトでの売上を最大化するためにはECサイトならではの戦略が必要ですが、そこで心強い味方となってくれるのがECコンサルタントです。

今回の記事では、ECコンサルタントはどのように選ぶべきか、ECコンサルタントへ依頼するメリットやデメリット、費用相場なども含めて詳しく解説します。

ECコンサルタントとは

 


ECコンサルタントとはその名の通り、自社のECサイトや大手ECサイトで商品を販売するにあたって、売上を向上させるためのアドバイスや提案を行う専門家のことを指します。

ECコンサルタントとして活躍している人材の経歴はさまざまで、たとえば広告代理店でのマーケティングを担当していた人、Webサイトのデザイン設計や運用経験がある人など、いずれもECサイトの運営に関わる専門的な知識を有した人ばかりです。

ECサイトを活用してショッピングを楽しむユーザーは増加傾向にありますが、企業や店舗の中にはECサイトの運営経験がなく戸惑うケースも少なくありません。
そのため、ECコンサルタントは「これからECサイトへ自社の商品を出品し、販路を拡大したい」「現在ECサイトへ出品しているものの、なかなか販売数が伸びず苦戦している」といった企業や店舗から注目されています。

なぜECコンサルタントが必要なのか


「ECコンサルタントに頼らなくても、良い商品を適正な価格で販売していれば売上は伸びるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、たとえばAmazonや楽天市場へ商品を出品しているA社とB社があった場合、同じ商品を販売しているにもかかわらずA社のほうが高い売上を記録し、B社の売上はなかなか伸びないといったケースも存在することは事実です。

同じ品質の商品を同じような価格で販売しているにもかかわらず、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

そもそもECサイトと実店舗の大きな違いは、「商品の現物を実際に見て、確かめられるかどうか」にあります。
エンドユーザーがECサイトでショッピングをする際、商品選びの判断基準となるのはECサイトに掲載されている画像や商品に関する情報が全てです。

仮に、商品画像が数枚と商品名しか掲載されていない店舗と、商品画像が10枚以上、商品の基本情報や他社製品との比較表なども含めて詳細が掲載されている店舗があった場合、多くのユーザーは後者を選ぶのは当然のことといえます。

また、商品ページへの集客数アップにこだわるあまり、デザインに凝りすぎて使いづらいページになることもあるでしょう。
高級感やブランドイメージを向上させるためにデザイン性は重要ですが、だからといってエンドユーザーにとって使いづらいページに仕上がってしまっては本末転倒です。

デザイン性が高くおしゃれな商品ページが必ずしも売上に直結するとは限らず、色使いやレイアウト、UIの選択や配置などを考慮しながら作成する必要があります。

このように、ECサイトを運営した経験の少ない企業や店舗では、そもそも商品ページに何を掲載すれば良いのか分からないケースや、使いやすい・見やすい商品ページを作成するためのノウハウも不足しがちです。
そのような場合に、ECコンサルタントへ相談・依頼することで課題を的確に把握し、それに対する効果的な施策や対策を講じることができるのです。

ECコンサルタントに依頼できる仕事内容


ECサイトでの売上をアップさせるために、専門的な知識やノウハウを有したECコンサルタントは不可欠な存在であることが分かりました。
では、ECコンサルタントは具体的にどのような仕事を担ってくれるのでしょうか。依頼するECコンサルタントによっても多少の違いはありますが、今回は代表的な業務内容を4つに分けて紹介します。

1.戦略の構築支援

取り扱う商品の種類によっても顧客ターゲットは異なるため、それに合わせて販売戦略を立てなければなりません。
商品ページを作成する前に、まずはどのような競合ショップがあって、どのような商品をどのくらいの価格で販売しているか等、市場調査や販売戦略や方向性を立てるのかをクライアントと一緒に検討します。

ECコンサルタントにとって戦略の構築支援はメイン業務といっても過言ではなく、たとえば自社でECサイトを立ち上げたほうが良いか、または大手ECサイトへ出店したほうが良いかも含めてさまざまな相談に応じてくれます。

2.ECサイトの構築支援

WebデザイナーやエンジニアとしてのスキルをもっているECコンサルタントの場合は、実際にECサイトの構築を支援することも可能です。
特に、ECサイトの運用が初めてで基本的な知識やノウハウをもっていないクライアントの場合には、構築支援までをワンストップで対応してくれるECコンサルタントは心強い存在といえるでしょう。
また、弊社では撮影スタジオがあるので、商品写真撮影から受けられる体制が整っております。

3.ECサイトの運用・改善

取扱商品数が多く、毎週・毎月のように新商品が登場したり、商品が入れ替わったりする企業や店舗の場合には、そのたびにECサイトの商品ページも更新していかなければなりません。
これには膨大な手間がかかるため、ECサイトの構築だけでなく、定期的な商品ページの更新にも対応してくれるECコンサルタントが存在します。

また、一定期間にわたってECサイトの集客数や販売数などの推移を確認し、さらに売上をアップするためにはどのように商品ページを改善していけば良いのか、専門的な見地からアドバイスや提案を継続的に行ってくれるECコンサルタントもいます。

4.広告・SNS運用

ECサイトでの売上をアップさせるためには商品ページが重要であることは大前提ですが、実はそれ以外にも広告やSNSなどによって外部からの流入数を上げることも重要です。
たとえば、自社で取り扱っている商品に関連したキーワードを検索したときに、検索結果の上位に自社の商品ページやLPを広告として掲載したり、SNSで新商品の情報などをいち早く拡散することも有効でしょう。

さらに、ECサイト内で商品名を検索したとき以外にも、検索サイトで商品名や関連ワードを検索したときに上位を狙うSEO対策も効果的です。
このように、商品ページだけでなく広告やSNS運用を支援しているECコンサルタントも存在します。

ECコンサルタントへ依頼するメリットとデメリット


企業や店舗がECコンサルタントへ依頼することで、どのようなメリットがあるのかあらためて整理してみましょう。同時に、デメリットとして考えられるポイントも紹介します。

メリット

ECコンサルタントへ依頼する主なメリットは、以下の3点です。


  • 効果が見込める正しい戦略を構築できる
  • 見やすく使いやすいページを構築できる
  • 人手不足に対応できる

特に重要なのは、正しい戦略を構築できることです。ECサイトの運用経験が乏しい企業や店舗では、そもそも成果を上げるために何をどのように取り組めば良いのか分かりません。
万が一、誤った戦略を構築してしまうと、効果が見込めないにもかかわらず膨大なコストと手間をかけてしまうことになるでしょう。
専門的な見地から正しい方向性を示し、費用対効果を最大化するためにも戦略の構築支援は大きなメリットといえます。

また、これまでの業務で手一杯でECサイトのメンテナンスや更新にまで手が回らない場合には、運用や広告まで対応できるECコンサルタントへ相談することで、人手不足の状況下でも対応できるはずです。

デメリット

反対にECコンサルタントへ依頼するデメリットは、以下の2点が挙げられます。


  • コストがかかる
  • 確実に成果が上がる保証はない

運用や広告などの業務も含めてECコンサルタントへ依頼すると、コンサルティング料として毎月のランニングコストが発生します。
特にECサイトを立ち上げたばかりの頃は売上も安定しにくいため、多額のコンサルティング料が経営を圧迫してしまうケースも考えられるでしょう。

また、コンサルティングはあくまでも提案やアドバイスであり、確実に売上や利益がアップすることを保証するものではありません。

信頼できるECコンサルタントを選ぶ際のポイント


一口にECコンサルタントといっても、さまざまな事業者が素材します。自社にマッチしたECコンサルタントを選ぶうえでは、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。
今回は特に重要な3つのポイントを紹介します。

ECサイトおよび店舗の運営経験があること

信頼できるECコンサルタントの第一条件は、コンサルタント自身がECサイトまたは店舗運営の経験をもっていることです。
専門的な知識や理論が頭のなかに入っていたとしても、すべての業種や企業に対してそれが当てはまるとは限りません。
実際にECサイトや店舗を運営してみないと分からないことも多く、知識だけではなく経験もコンサルタントにとって不可欠な要素といえます。

契約形態の違いを把握しておくこと

ECコンサルタントの契約形態は、主に3つの種類に分けることができます。

ひとつは、コンサルティング料として毎月一定額を支払う「顧問型契約」です。
一定額の費用を支払うことでさまざまな相談やサポートを受けられ、分かりやすい料金体系が魅力です。

ふたつ目は、コンサルタントの拘束時間に応じて料金を支払う「時間契約」です。ECコンサルタントによっても料金システムは異なり、時間単位のところもあれば半日や1日単位での契約もあります。

最後は、コンサルティングの結果に応じて料金を支払う「成果報酬型契約」です。
たとえば「集客数が◯%アップした」「売り上げが◯%アップした」など、定量的に判断できる目標を設定し、達成度に応じて料金が決まる仕組みです。

複数のチャネルに対応できること

「チャネル」とは、Amazonや楽天市場、または自社サイトといったように、ECサイトの種類のことを指します。
コンサルタントのなかには、Amazonに強いところもあれば楽天市場に強いところも存在します。

たとえば、当初はAmazonだけに出店する予定だったものの、売り上げに応じて販路を拡大するため、楽天市場や自社独自のECサイトを立ち上げる企業・店舗も少なくありません。
そのため、できるだけ多くのチャネルに対応できるECコンサルタントを選ぶことがおすすめです。

ECコンサルタントの種類3つ


ECコンサルタントは大きく分けて3つの種類に分けることができます。

大手モール特化型ECコンサルタント

Amazonや楽天市場など、大手ECサイトを対象にコンサルティングを行うのが大手モール特化型ECコンサルタントです。
小規模事業者や店舗は自社独自のECサイトを立ち上げられるほどの資金的な余裕がなく、まずは大手ECサイトへの出店を検討しているケースも多いことでしょう。
大手ECサイトはライバルとなる店舗も多いですが、他社との差別化がうまくできれば最小限のコストで多くの集客を実現することも可能です。

オールラウンド型ECコンサルタント

戦略の構築支援からECサイトの立ち上げ、運用および改善まで、ワンストップで対応できるのがオールラウンド型ECコンサルタントです。コンサルティングで自社ECサイトの改善点は見つけることができたものの、実際にそれを形にできるまでのスキルやノウハウがない場合、オールラウンド型ECコンサルタントであれば一手に引き受けてくれるため安心です。

越境型ECコンサルタント

国内のエンドユーザーだけでなく、海外の顧客をターゲットとしたECサイトのコンサルティングを担うのが越境型ECコンサルタントです。
販売する商品によっては、日本国内よりも海外に向けてビジネスを展開したほうが大きな結果につながるケースもあります。
しかし、海外のECサイトは日本国内とさまざまな面で運用ルールが異なることから、専門的なノウハウをもった越境型ECコンサルタントの存在は不可欠といえるでしょう。

ECコンサルタントの費用相場


ECコンサルタントへの依頼を検討する場合、多くの方が気になるのがコストの問題ではないでしょうか。ECコンサルタントのなかでも一般的な顧問型契約の場合、月額料金は15万円程度が平均的な相場となっています。

ただし、月に1回程度決まったタイミングでコンサルティングを行う場合には月額10万円程度、回数や時間を問わず細かなサポートを随時行う場合には月額30万円など、コンサルティング内容に応じて費用も異なるため注意が必要です。

ちなみに、成果報酬型契約の場合には、売上の15〜25%程度の費用が相場となっていますが、こちらもコンサルティング内容や契約内容、その他さまざまな条件に応じて変わることも多いため、複数のECコンサルタントを比較しながら検討してみるのが良いでしょう。

まとめ


ECコンサルタントの業務は幅広く、コンサルタントによっても得意なチャネルは異なります。
まずは自社がどのチャネルでECを展開していくかを決定したうえで、それぞれのチャネルに強みをもつECコンサルタントへ相談してみることから始めてみましょう。

また、その際には、コンサル費用も考慮しながらどの業務を依頼するのかについても十分な検討が必要です。

CONTACT

お気軽に何でもお問い合わせください